ISO受入量増加・原形利用勉強

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
9/27(金)業務終了後、タイヤカット工場にて受入量増加・原形利用の合同勉強会が開催されました。
 
受入量増加の勉強会では新入社員が増えたので再度,、タイヤ回収業務についての基本的な事柄から注意事項まで資料を元に説明がありました。挨拶から始まり回収終了までにミス等をするとお客様との信用問題となるので、皆さん良い勉強になったのではないかと思います。
DSCF0165 
 
引き続き、原形利用の勉強会は処理機械の基本操作について勉強を行いまいました。特に破砕機について、タイヤの受入からチップになるまでのフロー、非常停止ボタンの位置を写真付の資料で説明後、実際に現場で破砕機を稼働する現場確認がありましたので一連の流れがとても解り易かったです。
DSCF0173  DSCF0168
 
Reporter:MT


タグ: , , , ,

[ 2013/09/30 更新 ]