アジア最大級の環境展

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
2014nexpo_poster1 ecotaro

本日、5月27日(火)~5月30日(金)まで東京ビックサイトにて『2014NEW環境展』と『2014地球温暖化防止展』が4日間に渡り同時開催されます。

 この環境展は企業の社会的責任が問われる時代に入り、環境との共生を無視しては企業の存続すら危ぶまれる時代になりました。また持続可能な循環型社会の構築にむけ環境汚染問題や地球温暖化問題の解決は避けて通れない課題です。とりわけ資源有効利用や多様な新エネルギーの活用は、環境対策にとり最重要の取り組みです。そうした中、各種課題に対応する様々な環境技術・サービスを一同に展示情報発信する事により環境保全への啓発を行い、国民生活の安定と環境関連産業の発展を目的として行われているそうです。イベントには出店企業617社、来場者は約17万人もの人を動員し、アジア最大規模のスケールにて行われます。

私も過去に数回行かせて頂き、規模の大きさに圧倒されたのを記憶しますし、展示されている廃棄物を処理する機械が時代の流れと共に顧客ニーズに合った物に移り変わってきているのが伺えます。

15年前に行った時は、産業廃棄物処分は“焼却炉”が主流で数多くの焼却炉が展示されていましたが、一昨年は“破砕機”へとシフトしていたのが見受けられ、そう言えば当社も廃タイヤを処分する上で、切断から破砕へと変わったなぁと思いながら、各社細部にまで渡る「物造り」へのこだわりも感じ取る事が出来ました。

又、この環境展の併催行事として記念講演や廃棄物処理法コンプライアンスや産業廃棄物処理業の人材確保・育成などの各種セミナーが多く開催されます。この業界に身を置く者として自己研鑚の意味でも参加拝聴をしたいですね。

皆様も時間があれば、この環境展行ってみてはどうでしょうか?

 Reporter:やまゆ

 

 

 



タグ: , , , ,

[ 2014/05/27 更新 ]