ISO受入量増加・原形利用勉強会

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

先月26日(木)に業務終了後、タイヤカット工場にて受入量増加・原形利用合同勉強会が開催されました。

受入量増加では「セールスドライバーについて」の内容で、挨拶から始まり当社の業務内容など基本的な事を勉強しました。本社・工場の業務内容に問わずお客様から問い合わせがあった際、最低限会社の業務内容を知らないと会話が成り立たず良い印象を持たれないので業務内容を再認識するいい勉強会だったと思います。是非、資料の熟読をして今後に生かして全社員で取り組んでいきたいです。

原形利用では現物のタイヤと写真入りの資料を基に行いました。他部門の方々にもタイヤの何処を見れば検品判断が出来るのかが解りやすかったと思います。

DSCF3835 DSCF3829

Reporter:ごま柴



タグ: ,

[ 2014/06/28 更新 ]