身近な危険「蜂」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
先日、エアコンの室外機の付け替え作業の業者さんが発見してびっくりです!!
我が家のベランダの天井に蜂が巣を作り始めていました。
蜂の巣
10数匹の蜂が群がり周辺にも2、3匹の飛び回っています。スズメ蜂の種類ではないかとのことです…
蜂の駆除スプレーをかけてから巣を取り除いたのですが、作業中も次々と飛んで来るので大変な作業となりました。
 
通常、春ごろから女王蜂が巣を作り始めます。7月、8月頃に増えた蜂は引っ越しをする種類もいるそうです。引っ越し先を見つけると数十匹の働き蜂が突貫工事で作り始めるので気づいた時にはかなりの大きさになっていることもよくあるそうです。
 
蜂の巣を見つけたら巣に近づかない、大きな音を立てない、黒い衣服や香水は、蜂を刺激するので注意が必要だそうです。また、一度蜂に刺されたことがある人は、ショック症状をおこすことあるそうで要注意です。
蜂は元々、雑木林の中などに巣を作ってひっそり暮らしていました。人間の環境破壊により住処を奪われたのが原因とも言われています。
ですが、人間にとっては危険なので、たまには家の周辺を見回るのも良いかもしれませんね。
Reporter:ひまわり
 1



タグ: ,

[ 2014/08/11 更新 ]