ISO受入量増加・原形利用勉強会

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

9月29日(月)業務終了後、タイヤカット工場にて受入量増加と原形利用の勉強会が開催されました。

 DSCF1225

『原形利用』では作成したサイズ資料の説明を行いました。

見やすいようにパネル掲示も委員の方が作成をしましたので作業中も確認しながら行えるように構内機械の横へ設置をしてあります。一本一本確認をしながら原形利用に使えるよう活用していきたいです。

 

DSCF1231

『受入量増加』では中型タイヤ~大型タイヤのビードワイヤー抜き機とカットタイヤの機械について勉強をしました。

写真入りの資料と実際に機械を動かしての勉強会だったので解りやすかったと思います。各カットタイヤの納入先で注意する事は勿論機械作動手順の中で注意する所の説明もありましたので、安全に気を付けて効率よくカット&安定納入に努めていけたら良いと思います。

 Reporter:ごま柴

 



タグ: , , ,

[ 2014/10/01 更新 ]