一足早い納涼を♪

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

とうとう静岡も入梅となりました。最近はスッキリした天気にも恵まれず、御殿場特有の湿度と気温差で身体も気分も滅入ってしまうことがあります‥

そこで気分だけでも涼しくなりたくて、現在時之栖美術館で展示されている「江戸の粋AQUARIUM」に行って来ました。照明を落とした室内にはライトアップされた沢山の水槽があり、中を覗くと品種毎に分けられた金魚達が優雅に泳いでいます。

DSC_0162

金魚すくいで見た小さな金魚や、出目金の様な愛嬌のある金魚、また小型版錦鯉みたいな大型の金魚もいたりと、大きさも模様も姿形も様々で見ごたえアリ!かなり長い時間見入ってしまいました(*^_^*)

私のお気に入りは風船みたいな可愛い体の「ピンポンパール」と、目元が可愛い「レッサーパンダ出目金」「パンダ蝶尾」です♪

DSC_0185 DSC_0183 DSC_0196

 

金魚の回廊の先にはメダカも数種類展示されていて、こちらも珍しくて可愛くてオススメです^^v

最後にはおもちゃではなく本物の金魚すくいが出来るコーナーもありましたので、お子様にも楽しいと思います!(大人ひとりでなければ私も遊びたかった~)

DSC_0268

水槽キットも販売されていて、飼育が難しくなければお部屋で飼いたいな~なんて思ったりしましたが、実は水質管理が難しく「金魚は水が命」と言われるほど初心者には難しいそうです。

注意点は色々ありますが代表的なところでは、

  1. 飼育する前に水槽内に好気性菌(バクテリア)を沢山繁殖させる
  2. 好気性菌を死滅させない様に酸素をしっかり与える
  3. バクテリアの餌をなくさない為に濾過材を洗いすぎず適度に汚すこと

あれ?!まるで浄化槽管理と似ているかも! 

日本の水造りって生き物を生かす素晴らしい仕事なんだと改めて感じました。調べると下水処理場で処理された水は元がバクテリアを繁殖させた汚水で良い水質な為、場内で金魚や鯉を飼育している施設もあるそうです。

7月上旬までは夜にホタル鑑賞も出来るので、Wで納涼気分が味わえますよ♪

Reporter:AH

 

 



タグ: , ,

[ 2015/06/17 更新 ]