バラが満開でした

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

春は色々なお花見ができる季節です。桜、菜の花畑、藤棚、チューリップ等々‥。

そういえば今年は桜を含め春の花見をしていないねと家族と同じ話が出たので、急遽花を愛でに出掛けました♪

行き先は千葉県八千代市にある「京成バラ園」です。

暖かな日が続き関東近郊のバラ園は一気に見頃となり、京成バラ園さんに伺った時も丁度春バラの満開情報が出た日でした。

この京成バラ園は日本一のバラ園とも称され、世界バラ会連合にて「優秀庭園賞」を受賞した、国内では品種・株数共に群を抜いた屋外庭園です!

DSC_0092   

写真では庭園の全景を写すことが出来ない程に広く、何処にいてもバラのいい香りが充満‥

一見バラに見えない姿、見たことのない色、香りに特化した品種等、見るもの全てが珍しくて、遠出する価値の有る庭園に満足でした♪

秋バラの頃にもまた訪問してみたいと思いました!

DSC_0077 DSC_0076 DSC_0109

園内でも少し外れた外周を歩いていると少し堆肥の臭いが‥覗いて見るとそこはビニールハウスがあり、バラの苗木のお世話をするスタッフの方が働いていました。

多分秋に向けて入れ替えする苗木や、新しい品種を育てているのかと思いますが、毎年来園者の為にこれだけの品種を一度に咲かせるご苦労は計り知れないと感じました。

そして毎年様々な品種が出てそれに対応し研究するのは、当社の浄化槽管理士と同じだなとふと思ったり‥

新しいものは初めは未知数で、現場で色んな条件に対応し様々な経験を積んで失敗して、そしてようやく良い状態を続けていく為のスキルが身につくのかと思います。

私達が快適に過ごせる環境を作ってくれる裏方で努力していることは、どのような仕事でも共通していることですね。

 reporter:AH

 

 



タグ: ,

[ 2016/05/25 更新 ]