恵方巻商戦

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

2月3日は節分です。

時節柄いつもと違う話題もありますが、、、恵方巻を食べる習慣がすっかり有名になりました。

今年の恵方は「北北西」です。

コンビニエンスストア、スーパー、飲食店等の恵方巻はノーマルなものから変わりダネも。そんな恵方巻商戦に乗り、私も1日から食しています。

 

1日はセブンイレブンです。

いくら、トラウトサーモンなど人気の海鮮具材を楽しめる贅沢恵方巻。海苔は手巻き寿司のように巻くのでパリパリしていました。デザートにはバナナとカスタードをホイップクリームで包み、チョコレートで鬼柄をイメージした節分 チョコバナナクレープ。

2日はローソン

 

京都・清水寺で、厄除け開運のご祈祷をされた海苔を使っている海鮮恵方巻と、デザートにはくまモンなが~い節分ロール。

節分の3日はファミリーマート(サークルK)

甘海老、三陸産いくら、本ズワイガニ、玉子焼き、キングサーモン、まぐろたたき身、きゅうり贅沢な海の幸がたっぷり詰まった特選海鮮恵方巻。
もちろんスイーツはもちもち食感が楽しめる生地の節分黒豆と黒みつのもっちロール。

ある意味、イベント的にはなっていますが、各社、独自の強みを生かしたラインナップで取り揃えたり、お寿司が苦手という場合でもサラダやお肉の恵方巻やスイーツやお蕎麦など今後もいろいろなバージョンの恵方巻きやアレンジが楽しみですね。

来年は他のコンビニやスーパー、有名飲食店、インターネットでのお取り寄せの恵方巻も“食べてみたい”と思ってしまいます。

reporter:czr

 

 



タグ: , ,

[ 2017/02/03 更新 ]