エサキモンキツノカメムシ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

11月の上旬、社内の下駄箱近くのスノコに珍客が一匹歩いてました。

悪臭を放つということで、好きでない人のが多いと思いますが…その名前は「エサキモンキツノカメムシ」

しかし、その背中には素敵な白いハート♡の模様が描かれていて、とても可愛いのです。

あまり見たことのないカメムシだったので、さらに調べてみると漢字名があり【江崎紋黄色角亀虫】。

「エサキ」は昆虫学者 江崎悌三氏の名前に由来。「紋黄」は成虫の背中の紋が黄色という意味。「角亀虫」はツノカメムシ科の仲間であることを示している。そして、見た目が可愛いだけではなく昆虫ながら“親が産んだ卵や孵った幼虫を守る”という子育てをする習性を持っているようです。

ちょっと迷惑な虫という印象がありますが、ハート模様のおかげ?で幸せを呼ぶカメムシと呼ばれています。日本全土に生息していて、それほど珍しい昆虫ではないので見かけたときは嫌わず、不用意には触らず、眺めて喜んでくださいね(*’-‘)b

私は、生まれて初めて見たので、ハートがあるだけでカメムシがこんなに可愛いものだと思いませんでした♪

 

reporter:czr

 

 

 



タグ: , ,

[ 2017/11/27 更新 ]