冬至

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今年の12月22日は二十四節気の一つ『冬至』です。
一年で最も昼が短く夜が長い日です。

そんな冬至といえば柚子湯!
江戸時代頃からの風習で運を呼び込む前に柚子の香りで、邪気を払い体を清めるために柚子湯に入るとされています。
また柚子は実るのに長い年月がかかるので「長年の苦労が実りますように」との願いも込められているそうです。
他にも血行促進や冷え症の改善、美肌効果や香りにもリラックス効果があるので寒いこの時期には最適です。

毎年何気なしに入っていた柚子湯ですが昔からの風習や、たくさんの効果があることが分かり驚きでした。

今年も残りわずかです。冬至の日にはいいことづくしの柚子湯に入って、日頃の疲れを癒し良い一年を締めくくりましょう。

reporte:AXN

 



タグ: ,

[ 2017/12/22 更新 ]