節分

 毎年、節分の日は主人の仕事が忙しい為、豆まきは私の実家で行います。

私の兄が木彫りの天狗のお面をかぶり、法被を着て、鬼の役を引き受けてくれます。兄の小学6年の息子と小学4年の娘、私の息子と娘の4人の子供を相手に鬼役をやるので、なかなか大変です。しかも、かなり怖い鬼なので、毎年、泣いたり逃げたり・・・豆を投げるどころではないほどの大騒ぎになります。

恵方巻きを食べて、豆を子供たちに配り、鬼が来るのを待っていると・・・まず、私の娘が豆を食べ始めてしまいました。他の子供も食べ始め、結局、ほんの少ししか豆は残りませんでした。いつもなら鬼が来るのを待ってる間に、みんな泣き出すのに、さすがに大きくなったから余裕だな・・・と考えていると、鬼がやってきました。

でも、手持ちの豆はほとんど食べてしまって、ありません。

結局、素手で勝負です。

みんなで一生懸命戦うも、2歳の娘は鬼に連れて行かれてしまいました。すると、いつもは私の影にかくれて、逃げ回ってる息子が妹を助けようと必至で戦ってくれました。

帰宅して、2年前に撮った豆まきの動画と今年の豆まきの動画を主人と観ていると、主人が「鬼のお腹が・・・。」

子供たちと兄のお腹の成長を感じられる豆まきでした。

reporter:花*心

 

 

 



タグ: , ,

[ 2018/02/22 更新 ]