Q: 浄化槽の点検や清掃はどうしてやらなければいけないの?

A: 浄化槽には「浄化槽法」という法律の第10条 1浄化槽管理者は、環境省令で定めるとこりにより、年一回(環境省令で定める場合にあっては、環境省令で定める回数)、浄化槽の保守点検及び浄化槽の清掃をしなければならない。と規定されています。

浄化槽の点検は維持管理を目的としています。浄化槽の本体・内外部の部品などが壊れていないかの確認や、放流される水質が基準を満たしているかなどの確認作業や薬品を補充しています。

又、一定の流入を超えると浄化槽の処理能力の低下になり臭気や汚水が流出されてしまいます。環境に、悪影響を及ぼさないためにも浄化槽の清掃が必要になります。

Posted in: 浄化槽 Q&A